::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::みどりの壁
pict65

一人の時間。自分を見つめなおす時間って大切やと思う。
そこで最近思ったのは・・・「広い視野」という感覚。
窓際で雨間粒が地面をたたく音を聞きながら
ただ、ぼーっと雨雲を見つめていた。
人と繋がった世界、時間の流れ・・・
好きな音楽を聴きながら、ずっと考えてた。
最近何かといろんなことに焦りを感じていて、見えて無かったよ。
焦ってても仕方ないんだけど、自分にやれることが見つかんなくて、
もがいてた。
でも、精一杯にならんくてもいいんやね。
辛くなった時は慰めてくれる人が入るんだ。
自分って幸せや と思えた。雨の日の話。
スポンサーサイト
日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::君の背中
pict64

頑張ってみた
無我夢中で 
まずは何も考えずに
ただ自分自身を表現したくて

必死になってる自分がぃる
それを見ている誰かがいる

誰かが私の背中を見るように
私も誰かの背中を見よう

そしたらもっと 頑張れる気がした
日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::影のアンダンテ
pict63

Wind of morning and night wind.
朝の風と夜の風

Light and a shadow.
光と影

"Which do you like?" " 
どっちがすき?

毎日暑いのでついつい影に隠れてしまいます。
夜が好きです。涼しいから。
揺れるカーテンに癒されています。
日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::Depression of a hydrangea
pict62

空に溶け込んだ青

僕はその色に染まるんだ

空からの雨粒を太い茎で吸い込んで

僕は空の一部になる

次に君と出会うまでに僕は変わるから

でもダメだ

空は僕に雨粒を落としてくれない


Depression of a hydrangea=紫陽花の憂鬱



日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ripple of a quiet town
pict61

羽は無いけど

流れる風に身をまかせ

僕の息も街を流れる

想いを綴った手紙は風に消えた

白い波が僕を包む

変わらない流れに浸る



日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::monochromatic memory
pict60

The scenery which is left in a corner of a head.
頭の片隅に残る風景は

I am slightly cold and am slightly warm.
何処か冷たくて 何処か暖かい




日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::nostalgic children's story
pict160

A small girl and a small boy.
小さな女の子と小さな男の子

It wavered with a swing to kick the sky.
空を蹴るようにブランコで揺れていた

Red shoes of a girl flew in the sky and fell in the distance.
女の子の赤い靴が空を舞って、遠くに落ちた

A boy went down from a swing and brought shoes.
男の子はブランコからおりて靴を持ってきた

The girl laughed.
女の子は笑っていた

Orange solar light loses a place to go.
オレンジ色の太陽の光は行き場を失い

I disappeared following the sun.
太陽に続いて消えていった

I watched the sky where I shed blue paint over with two people.
青いペンキがこぼれた空を二人で見ていた
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::Air of early summer
pict57

The rain which continued to fall until last night stops.
昨夜まで降り続いていた雨は止み

The boy who wore boots sings a song.
長靴を履いた少年が歌を歌う

A trace of a tire is left in the ground and.
タイヤの跡が地面に残って

I remind of the yesterday's rain.
昨日の雨を思い出させる

A hydrangea colors cheeks.
紫陽花の花は頬を染める

Hot summer comes.
暑い夏が来る






日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::A rainy song
pict56

とうとう梅雨入り。
ジメジメした空気が流れています。
先輩から一枚のパンフレットを渡された。
「映画作品企画募集」
ウチの地元で開催される映画祭で作品を出品をしてみないかということだった。
私の夢は地元で映画を撮りたいということ。これは先生も先輩も知っていて、ぜひとのことで紹介してもらったわけだけど・・・
自身が無いんです。
文章能力が無いってのもあるけれど
自分が書く作品はどれも、今までどこかで見たことあるような作品でしかなくって、こんなんでいいのか!?って踏みとどまってしまいます。
でも、そっくりそのままってわけじゃないけど。
オリジナリティーあふれる作品をつくるにはどうしたらいいのかと。
日々悩んでおります。まぁ、梅雨だからね~鬱ではないのだよ。
日記  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


::緑の時間
pict55

大学生活にだいぶん慣れてきた。
時間に流されて、気がついたら皆恋してた。
料理のメニューが尽きてきた。
レポート書かなくちゃ。
一週間がはやく感じる。
やりたいことをやれないもどかしさ。
寂しさ。
将来のこと。
自分のこと。

緑の下に行くと忘れられる。
頭や心の中に溜まったものが緑に吸い込まれていく。
気持ちよかった。
実家の周辺ではホタルが飛んでたって。
でも、数が減ってたよって。
こっちは工業地帯でホタルなんて飛んでないんだよ。
最高気温29℃
もうすぐ夏がやってくる。
日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2006 くまのひるね , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。