::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::味のある街
pict87

北海道で紅葉が始まったようです。
中国四国はまだ当分先なのかな?
夜はちょっと寒くなったから【おでん】しました。
グツグツ煮込んでるのがなんか面白くてずっと見てたら火傷しちゃいました(笑)
もうちょっとで大学一年の夏休みが終わります。
なんらかしらであっという間。
やりたいこといっぱいあったけど、なんらかしらで出来んかった。
また忙しい毎日がやってくる。
スポンサーサイト
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::この道の先
pict86

知ってる道を行くのはなんとも思わないけど。
知らない道を行くのはドキドキする。
「ねぇ、知ってる?この道の先・・・」
「それは知ってる場所にたどり着く?」
「ううん。知らない」

でも、まぁ、どっちでもいいや。なんか楽しそう。
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::忘れかけてた
pict85

友達と時々昔のことをよく話す。
あのときこうやって話して、こうやって笑ったよね とか
カフェで何時間も話したよね とか
この時期、こんなことで悩んでたよね  とか
でも、思い出せる思い出と
思い出せない思い出があって
思い出せない思い出は・・・どこに行ってしまったんだろうって思う。
確かに一緒にいたはずなのに・・・自分には無い思い出
忘れてるというよりは、ただ自分が思い出したく思い出だとか、
他の記憶と被さってしまった思い出なんだろうな~。

思い出したいのに思い出せない思い出。
アルバムに飾られた写真の私は笑ってた。
思い出せないけど・・・きっと、絶対楽しかったんだろうな。あの頃。
日記  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::階段のその先にある街
pict84

階段を見つけるとのぼりたくなる。
道に迷ったら感覚で動く。
アンティークの鍵にドキドキする。
気がついたらカメラを向けてた。
自転車が好き。
小さい花に勇気をもらう。

そんな小さな感覚を大事にしよう。
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::
pict83

カメラを抱えた女の子が街を歩いていた。
女の子は綺麗な風景や人の営み、
規則的に植えられた花には目もくれず、
人通りの少ない通りにやってきた。

そして女の子は裏通りにやってきた。
人通りも少なく、綺麗とはいえない風景を写真におさめた。

不思議に思った住人が女の子に裏通りのどこがいいの?と聞くとこう答えた。

「だって、ありのままの街が撮れるんだもん」


日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::坂に立つ街 
pict82

台風の進路が心配される中。兵庫県神戸市に行ってまいりました。
まず行ったのは北野 異人館通り。
異国情緒溢れる町並みにウットリ。
街全体が坂道になってて歩くのは大変やけど、自然と調和された感じがとても素敵なんですよ!
遠くには海も見えて。
観光地なのに、商売目的っていう感じが薄くて、人が今ここで暮らしているっていうのがよくわかります。
このあたりはウチもぜひ住んでみたい街なんです。

日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::おばあちゃんは魔女
pict81

お昼過ぎから雲行きが怪しくなってきました。
私は外の雲の流れが気になって外に出てみたのですが、すでにおばあちゃんが植木の鉢を室内に移動させていました。
台風の風を避けるためだそうです。
そういえば、昔お気に入りの花が風でポッキリいっちゃったときはかなり落ち込んでいました。
それから毎年、台風がくるたびに植物を移動させているみたいですけど、
どうやらおばちゃんが植物を移動させると台風が反れちゃうようです。
だからこれはジンクスなんやて言ってました。
台風を反れるさせるためのね♪
まるで魔女みたいやなぁ~って思いました。

日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::白い線の向こう
pict8

朝と昼間の気温差。
雲の間から時々顔を出す太陽。
秋の風が畑の稲穂を揺らしています。
今日は大きな雲が青空を流れていってます。
その中に一本の飛行機。
私が見たときにはもう飛行機の姿は見えませんでしたが、
白い線が青空を分けていました。
日記  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


::passion
pict77

灰色の町並み。
灰色の空。
灰色の雨。

赤い花。

 
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::手のひらの温もり
pict76

掃除をしていたときに見つけた写真のアルバム。
そこに整理されていたのは子猫の写真。
昔、お母さんが拾ってきた子猫を写したものだった。
まだ生まれたばかりでまっすぐ歩けないその子猫は
とても悲しそうな表情をしていた。
手のひらから伝わる子猫の体温はとても暖かく、小さな鼓動を感じた。
うちでは飼えないので猫好きのおばさんにもらってもらった。

精一杯鳴いて、誰かを呼んでいるのかな?
その瞳の先は何処を見ているのかな?


日記  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


::鳴らない携帯電話
pict7

雑貨屋さんで見つけたシャボン玉が出来るおもちゃ。
年齢的には無理があるけど、時々無性にやりたくなるんだよね。

たまには時間帯を変えてやってみよう。そうだ、夕方にしよう!
でも、今日は生憎の曇りで夕焼けのコントラストに映えるシャボン玉は見れませんでした~。残念。
この一週間はずっと曇りらしいですよ。こりゃぁ~だめだね。

なんかシャボン玉してると、昔の気持ちがよみがえります。
高校生のときにしていた片思いの気持ち。
勇気を出して送ったメール。でもなかなか返事は来なくて、携帯を横においてず~っと待ってたなぁ。
このブログをはじめたのは確か失恋がきっかけだったよね。
前を向いていこうって決めたから。
おかげで今は楽しくやってるよ。ね?
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::wind
pict74

だいぶん、朝と夜の気温が涼しくなってきました。
布団を厚手のものにかえて寝ています。
昼間のあの暑い空気が嘘のように消えてしまいました。

雑貨屋さんで見つけた可愛いアヒルのおもちゃが付いたシャボン玉の液を買ってしまいました。安かったからねw
小さいころよくやってたシャボン玉がやりたくなったんです。
秋の風にのせてシャボン玉を飛ばしました。
どこに行くんだろうね?
今日もいい風が吹いてるよ。
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2006 くまのひるね , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。