::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::【廃墟】犬島 精錬所跡Ⅰ





犬島とは・・・

面積 0.54 km²
周囲 3.6 km
人口 64人(平成20年1月31日現在)

犬島は、岡山県南東部の宝伝から南に約2.5km、定期船で約8分ほどの瀬戸内海国立公園内に位置し、岡山県岡山市に属しています。面積は約0.54平方km、周囲3.6km。6つの島からなる犬島諸島のうち唯一の有人島です。諸島のうちのひとつ、犬ノ島にはうずくまった犬の形に似た巨石「犬石様」があり、犬島の名の由来となっています。

良質な花崗岩(犬島みかげ)の産出で知られ、古くは江戸城、大阪城、岡山城の石垣、明治以降では大阪港礎石の切り出し場となるなど、全国各地で犬島の石が珍重されています。
犬島精錬所が開設、営業されていた最盛期10年の間には住民は3000人を越えましたが、精錬所閉鎖と採石業の衰退により現在の人口は64人となっています。

現在島内には海水浴場、「自然の家」などにより島独自の自然に四季を通して親しむことができます。



精錬所について・・・

銅は江戸期より主要な輸出品として日本経済を支える存在でしたが、銅の精錬時に発生する煙害対策や原料輸送の利便性の観点から、瀬戸内海の島々に精錬所が建設されました。

1909年に地元資本によって建設された犬島精錬所もそのひとつであり、後に藤田組、住友へ経営者を変えつつ銅の精錬を行いましたが、銅価格の大暴落により約10年で創業を終えました。犬島では一時的に人口が急増し、港の周辺には会社の社宅や飲食店、娯楽施設等が建ち並び、銅生産の好調ぶりが反映されました。現在の犬島には、銅の精錬過程で発生する鉱滓からなるカラミ煉瓦造りの工場跡や、大煙突など独自の産業景観を形成し、90年近くを経てかつての大規模な精錬事業を伺わせる遺構が良好な形で残されています。






にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::おお!
いいですねー(*´▽`).☆.。
迫力満点で、廃墟好きにはたまんねーですね。

学生生活最後の夏休み、どうぞ満喫してくださいね
(ノ´∀`*)★☆
編集 △ page top
::
vaio さん>
すごい興奮してはしゃいじゃいましたw
ツアーみたいになってたんですけど、案内人の方が引いていたんじゃないかと心配です!周りはみんな廃墟好きでしたw

学生最後・・・来年もたぶんあります♪就活をなんとかすれば!がんばります
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 くまのひるね , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。